サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
心冥空無 跡寄文字 -- 中唐詩僧靈澈生平及詩歌考論
著者 劉衛林 (著)=Liu, Wei-lin (au.)
掲載誌 普門學報=Universal Gate Buddhist Journal
巻号n.25
出版年月日2005.01.01
出版者佛光山文教基金會=Fo Guang Shan Foundation for Buddhist Culture & Education
出版サイト http://www.unigate.com.tw
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者為香港城市大學講師
キーワード靈澈; 皎然; 劉禹錫; 詩僧; 心冥空無; 永貞新政
抄録中唐時江左詩僧靈澈不獨嚴持律藏,復能精於文翰。靈澈詩向有「僧中第一」之稱,其所交往者除皎然、神邕等緇流外,又多與劉禹錫、權德輿等文士唱和。論者或嘉其不廢經論,而復能稱雄於詩僧之間;或斥其戒律廢弛,藉詩歌交結權貴,實為趨炎附勢之輩。此外於靈澈生平考訂,學者間意見亦多未一致。本文除對靈澈上人之生平出處加以考證外,對其文集承傳、詩歌風格及文學地位等均一一論述。文中在考訂靈澈生平及詩歌同時,並探討靈澈與呂溫、柳宗元及劉禹錫等主持永貞革新諸人關係;及詩中所見靈澈雖脫離世務,而猶好正直之為人問題。亦對靈澈詩妙在文字之外特色,及其藉得佳句而深入空寂,達到以詩證性作法予以闡述。復對詩僧之所以搜吟終日,而又得不廢經行此一深具爭議問題有所申論。
ISSN1609476X (P)
ヒット数1400
作成日2009.08.04
更新日期2017.11.27



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
203730

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ