サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
明代太監與佛教關係考述 -- 尤其以明代北京地區佛教為中心的考察=The Relationship between Ming Eunuch and Buddhism : a Survey on Buddhism Around Beijing Area During Ming Dynasty
著者 程恭讓 (著)=Cheng, Gong-rang (au.)
掲載誌 普門學報=Universal Gate Buddhist Journal
巻号n.22
出版年月日2004.07.01
ページ115 - 146
出版者佛光山文教基金會=Fo Guang Shan Foundation for Buddhist Culture & Education
出版サイト https://www.fgs.org.tw/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者為首都師範大學東方文化研究所研究員
キーワード太監; 佛教; 明代佛教; 太監與明代佛教
抄録太監與佛教的關係問題,是明代佛教社會史研究中的重要課題之一。本文詳細探討了明代內廷太監群體佛教信仰形成的背景和原因,並特別以北京地區的佛教信仰為例,考察了明代太監與佛寺建置之間的密切聯繫,進而對太監與當時僧人之間的複雜關係,做了一些概括的類型分析。本文證明,太監與佛教之間的密切聯繫,是明代佛教社會史中客觀存在的一個重要現象及事實。

目次一、太監信仰佛教 1
二、太監與藏、漢名僧的宣召、撫問 3
 (一)太監與烏斯藏僧的宣召 3
 (二)太監與漢地名僧的宣召、撫問 4
三、太監與內廷佛事活動 6
四、太監與皇家寺廟的建築及管理 7
五、太監私資建寺與修寺 9
 (一)明代大璫無人不建佛寺 9
 (二)太監營建西山佛寺 10
 (三)太監與北京地區的佛教名寺 13
六、太監與明代僧人 13
ISSN1609476X (P)
ヒット数1668
作成日2009.08.17
更新日期2017.11.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
205721

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ