サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
A Note on Concept of Happiness as Appeared in the Texts of Classical India
著者 Akamatsu, Akihiko (著)=赤松明彦 (au.)
掲載誌 哲学年報=Annual of Philosophy=テツガク ネンポウ
巻号v.56
出版年月日1997.03.10
ページ27 - 35
出版者九州帝國大學哲學研究會
出版サイト http://www2.lit.kyushu-u.ac.jp/~philosophy/
出版地福岡, 日本 [Fukuoka, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
目次1. What is happiness? 27
1.1. The first pattern of the view of happiness typically existed in Vedic culture, which was pre-"Hinduism." 27
1.2. The second pattern of the view of happiness, in India, occurred obviously in the post-Vedic culture, which is "Hinduism" in the sense of my definition. 29
2. As Dr. W. Slaje discussed clearly, Vaiseikasutra tells the view of two types of happiness, one of the philosophical texts in classical India. 29
3. Vaiseikasutm is a philosophical work, established about 1st century A.D. I shall now search other examples in different texts. 30
4. I shall now treat these two words found in other texts. 32
4.1 On "abhyudaya" 32
4.2 On "nihsreyasd" 33
5. Now, I would like to sum up the results of this investigation concerning to the idea of happiness in traditional Hinduism. 34
ISSN04928199 (P)
ヒット数263
作成日2009.09.22
更新日期2020.07.01



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
210956

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ