サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
老北大講義 -- 陳那以來之因明
著者 許地山
出版年月日2009.07.01
ページ94
出版者時代文藝出版社
出版サイト http://www.shidaichina.com
出版地長春, 中國 [Changchun, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
ノート簡體書
抄録20世紀初,中國的佛家因明學研究掀起了一次高潮,梁啟超、章太炎、章士釗、譚戒甫等名家竟相研習,許地山的《陳那以前之因明》,為當時因明學研究的重要成果,是近代中國第一篇專述因明史的論文。我國新一代因明學專家鄭偉宏認為本書有四大主要貢獻:提出了佛家邏輯之所以特名為因明的猜測;對《瑜伽師地論》中關于因明的定義作出了明確的解釋;將《瑜伽師地論》與《正理經》作了比較;對最早提出“因三相”的《順中論》作了介紹。

目次
龍樹
《中論》
《回諍論》
《(壓服量論)論》
《方便心論》
圣天
彌勒
無著
《大乘阿昆達磨集論》
《順中論》
世親
《如實論》
結論
ISBN9787538726275 (平); 7538726276 (平)
ヒット数429
作成日2009.10.27



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
214392

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ