サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
《上師生命的聖與俗 -- 民初諾那呼圖克圖生平研究》
著者 黃英傑
掲載誌 台灣密宗國際學術研討會(第5屆)
出版年月日2008.11.09
ページ28
出版者世界佛教密乘研究學會
出版サイト http://www.tbva.org/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート會議主題:「道、顯、密」之生命倫理;作者為華梵大學人文教育研究中心助理教授;會議地點:台北市國立師範大學教育學院二樓202國際會議廳
キーワード藏傳佛教; 寧瑪派; 達隆噶舉派; 諾那活佛; 諾那呼圖克圖
抄録二十世紀初藏傳佛教在漢地的弘傳因緣,與諾那活佛有密切的關係。但過去關於這一位具時代性指標人物的生平資料,不論是從出生後被認證為轉世化身、呼圖克圖,中年在拉薩獄中神變逃亡到漢地,到晚年圓寂於康區甘孜等等,都有著濃厚的神密色彩。或許對於他的弟子、信徒來說,這些都是理所當然的。但隨著諸多史料的出現,本文將針對諾那活佛這一位知名上師的生平,首先揭開他的活佛認證與呼圖克圖身份被附加上去的神聖面紗,還原宗教史實的真相。藉以和讀者一起省思:宗教師的生命是否一定要加以神化才能提高其價值,反之,去除宗教師的神聖面紗,是否就會減損其生命的神聖性? 或者,信仰的神聖性,是否有可能不須透過神化宗教師即可達成?

目次
壹、前言
貳、諾那活佛身份的各種說法
參、諾那的活佛身份探析
肆、諾那的呼圖克圖身份探析
伍、結論
ヒット数886
作成日2009.12.07
更新日期2012.08.21



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
216885

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ