サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
神秘的曼荼羅藝術=The Mystery of the Art of Mandala
著者 蔡東照
出版年月日2009.09
ページ239
出版者文物出版社
出版サイト http://www.wenwu.com/
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
ノート叢書:佛教美術全集系列17
抄録《神秘的曼荼羅藝術》作者以這些在時間長河中演變出千萬樣貌的曼荼羅為對象,憑藉自身對藏傳佛教修行法的多年涉獵,呈現曼荼羅和擁有相同旨趣的文化圖像,因目的、製作方式和地域文化的不同而演化出的繁多形態、紋樣與藝術特性,透過《神秘的曼荼羅藝術》蒐羅經年的豐富圖片與識廣入微的詳細解說,逐步顯現在曼荼羅圖像中互為參照的藝術與宗教哲學核心。曼荼羅,梵文原義為“悟法的場所”或“萬德聚集之處”,分為自性曼荼羅、觀想曼荼羅與形象曼荼羅三類。其中形象曼荼羅即是今日人們普遍認識的曼荼羅,為一種具象的繪畫或雕塑,通常採用內方外圓或內圓外圓的形式,用采代表古印度宇宙觀中九山,海的須彌世界,在佛教的特定儀式中發揮開悟啟示、協助觀想的作用。 作為祭典儀式中諸神降臨的壇城的曼茶羅,原來在印度佛教中,是于每次修行儀式開始前製作,結束後隨即銷毀,因此古印度的曼荼羅留存至今者屈指可數。今日所見的古代曼荼羅,主要得益於將曼荼羅轉繪於紙上,以及藏傳佛教傳人在寺院各處留下的曼荼羅壁畫。本書作者以這些在時間長河中演變出千萬樣貌的曼荼羅為對象,憑藉自身對藏傳佛教修行法的多年涉獵,呈現曼荼羅和擁有相同旨趣的文化圖像,因目的、製作方式和地域文化的不同而演化出的繁多形態、紋樣與藝術特性,透過本書搜羅經年的豐富圖片與識廣入微的詳細解說,逐步顯現在曼荼羅圖像中互為參照的藝術與宗教哲學核心。

目次
序·用新生命譜出曼荼羅樂章
觀自在菩薩種字沙曼荼羅製作過程
一·曼荼羅真諦與醍醐
二·須彌山器世間曼荼羅
三·悲憫眾生敬獻曼荼羅
四·大悲胎藏生曼荼羅
五·繪製胎藏曼荼羅要訣
六·金剛頂金剛界曼荼羅
七·無上瑜伽部曼荼羅
八·繪製秘密集會曼荼羅要訣
九·飲血忿怒勝樂曼荼羅
十·繪製勝樂曼荼羅要訣
圖版索引
參考書目
ISBN9787501025312 (平)
ヒット数988
作成日2010.01.22
更新日期2010.01.22



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
220687

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ