サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
鎌倉仏教
著者 田中久夫
出版年月日2009.11
ページ256
出版者講談社=KODANSHA
出版サイト http://www.kodansha.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート田中久夫 (タナカヒサオ)、1913~1997年。東京帝国大学文学部国史学科卒業。国民精神文化研究所、千葉師範学校女子部勤務を経て、千葉大学教授。千葉大学名誉教授。専門は日本仏教史、鎌倉仏教。
抄録仏僧と信徒のひたむきな求道と信心。中世の幕開きに興った仏教改革の潮流と根本思想中世の幕開きに興った仏教改革の潮流。禅宗や浄土思想の影響で新しい宗派が誕生する一方、旧仏教にも変革の機運が生じ、日本史上、仏教が最も活気に満ちた瞬間が到来する。経済や社会が急激な変化を遂げる時代、人々は何を求め、何に祈ったのか。貴族のための伝統的仏教が個人の救済をめざす大衆仏教に変貌する過程を描く、日本仏教史理解の必読書。

目次
概論 鎌倉仏教の根本課題
第1章 南都
第2章 真言密教
第3章 北嶺
第4章 禅
第5章 念仏
第6章 日蓮
ISBN9784062919685 (平)
ヒット数497
作成日2010.01.25
更新日期2010.07.09



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
220898

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ