サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
仏典の読み方
著者 金岡秀友 (著)=Kanaoka, Shuyu (au.)
新装版
出版年月日2009.08.10
ページ314
出版者大法輪閣
出版サイト http://www.daihorin-kaku.com/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート主要文献目録: 巻末p32-56
文献あり 索引あり
キーワード経典; 仏典
抄録「仏教は難しい」という現代人の嘆きに応えるため、長年仏教の経典(仏典)を研究してきた著者が、東洋大学での講義を元に仏典の概要や歴史、構成を解説。「般若経」や「法華経」などの身近なお経から、「華厳経」「大日経」「金剛頂経」など、中国日本で花開いた大乗仏教の重要経典まで、その由来や諸外国語バージョン、研究論文を紹介したロングセラーを、新装版でリリース。

「般若心経」や「法華経」など大乗仏教の基本経典について,その概要・歴史を第一人者が丁寧に解説。

般若心経、法華経、大日経、理趣経、華厳経など、中国・日本で信仰される大乗仏教の基本経典について、仏典研究の第一人者が東洋大学での講義を基に、その概要・構成・歴史などを丁寧に解説する。
目次第一部 仏典の正しい読み方

第一章 仏典とは
■仏教はむずかしいか
■仏典の定義
■仏典とは
■仏典の学び方

第二章 仏典の種類と区分
■仏典の種類
■仏典の区分
■仏典の発見

第二部 大乗仏教の基本経典

第一章 般若経
■大乗の歴史は般若の歴史
■二万五千頌般若
■般若とは
■八千頌般若
■十本般若と四処・十六会
■二千五百頌般若
■九位
■七百頌般若
■本来の般若経
■勝天王般若と濡首般若
■八十万頌般若
■金剛般若経と般若心経

第二章 法華経
■法華部
■法華経の翻訳
■法華経の原典
■法華経の研究

第三章 大集経
■仏教の宝庫
■大集経の成立地
■大集経の構成
■大集経の内容

第四章 宝積経
■宝の積み重ね
■大宝積経の構成
■大宝積経という名
■浄土教経典
■大宝積経の中心

第五章 華厳経
■蓮華の荘厳な世界
■華厳経の構成
■東大寺の大仏
■華厳経のテキスト

第六章 金光明経
■金光明経の位置
■護国の経典
■金光明経の密教性
■金光明経の諸テキスト

第七章 楞伽経
■楞伽経の原典
■楞伽経の翻訳
■楞伽経の註釈
■楞伽経の内容

第八章 密教部の諸経典
■密教とは
■大日経の成立
■アーリヤ性と非アーリヤ性
■大日経の内容
■釈尊の密教
■金剛頂経の成立
■密教的要素の増大
■金剛頂経の内容
■呪蔵の成立
■後期の金剛頂経
■初期密教の経典
■理趣経の内容
■「雑密」から「純密」へ
■理趣経の諸本
■あとがき
■インド仏教地図
■主要文献目録
■巻末索引
■巻末
ISBN9784804612874; 4804612874
ヒット数291
作成日2010.01.28
更新日期2023.07.12



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
221867

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ