サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
新版古寺巡礼 京都 39 -- 清凉寺
著者 鵜飼光昌 ; 瀬戸内寂聴 ; 梅原猛
出版年月日2009.11
ページ144
出版者淡交社=Tankosha
出版サイト http://www.tankosha.co.jp/
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート鵜飼光昌、1957年、京都府生まれ。清涼寺住職・佛教大学文学部教授。1986年、佛教大学大学院文学研究科博士課程単位取得。1980年、総本山智恩院にて加行道場満行。先師鵜飼光順の後を受け1994年、清凉寺住職に就任。瀬戸内寂聴、1922年、徳島県生まれ。作家・僧侶。1953年『女子大生・曲愛玲』で新潮社同人雑誌賞受賞、1961年『田村俊子』で田村俊子賞、また、女流文学賞、谷崎潤一郎賞、芸術選奨文部大臣賞、野間文芸賞の各賞を受賞。文化功労者。2006年文化勲章受章。1973年得度、法名寂聴。1987~2005年に天台寺住職、2007年3月禅光坊の住職に就任。
抄録法然上人24歳の春、多くの民衆を救おうと嵯峨釈迦堂へ。清凉寺の歴史から文化財までを知り尽くせる唯一無比の本。

目次
巻頭エッセイ 五台山清凉寺(瀬戸内寂聴)
口絵カラー(解説・石川登志雄;写真・中田昭)
現代へのメッセージ 五台山からのことづて(鵜飼光昌)
清凉寺の歴史─清凉寺の南無や大聖釈迦如来(高野澄)
入宋僧の母─〓然(ちょうねん)と成尋(村井康彦)
清凉寺文学散歩(蔵田敏明)
栴檀瑞像の秘密─清凉寺釈迦如来立像をめぐって(井上一稔)
清凉寺を詠む(片山由美子)
清凉寺の文化財(石川登志雄)
ISBN9784473035097 (平)
ヒット数690
作成日2010.01.29
更新日期2010.07.29



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
222103

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ