サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
新版古寺巡礼 京都 38 -- 寂光院
著者 坪内稔典 ; 瀧澤智明 ; 梅原猛
出版年月日2009.10
ページ144
出版者淡交社=Tankosha
出版サイト http://www.tankosha.co.jp/
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート瀧澤智明(タキザワチミョウ)、1936年、大阪府生まれ。寂光院第32世院主。1989年叡山学院研究科特修修了、僧都。1973年寂光院に入寺、故小松智光前院主に師事し、1984年得度。2005年6月より寂光院に晋山。坪内稔典 (ツボウチトシノリ)、1944年、愛媛県生まれ。俳人・歌人。佛教大学文学部教授・京都教育大学名誉教授。立命館大学卒業。「ネンテンさん」の愛称で親しまれている。研究の対象は日本の詩歌、正岡子規、夏目漱石など。俳句グループ「船団の会」代表・歌誌「心の花」会員。
抄録比叡の山々を望む大原の里。静寂のなか、建礼門院は生涯を閉じるまで我が子と平家一門の菩提を弔った。時代を越え『平家物語』が語る。

目次
頭エッセイ 大原、小浜、男鹿半島
口絵カラー
現代へのメッセージ 寂光院つれづれ
王朝の悲しみに彩られた尼寺
さまよえる王権─建礼門院の悲劇
寂光院文学散歩
寂光院と建礼門院
常値の地蔵尊─寂光院地蔵菩薩立像をめぐって
建礼門院の花園─寂光院の庭
寂光院の文化財
ISBN9784473035080 (平)
ヒット数409
作成日2010.01.29
更新日期2010.07.29



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
222109

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ