サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
瀬戸内寂聴に聞く -- 寂聴文学史
著者 尾崎真理子 ; 瀬戸内寂聴
出版年月日2009.09.25
ページ349
出版者中央公論新社=CHUOKORON-SHINSHA
出版サイト http://www.chuko.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート尾崎真理子(オザキマリコ)、1959年宮城県生まれ。青山学院大学文学部卒業後、読売新聞に入社。1992年より、文化部記者として「文芸時評」欄をおよそ10年担当。作家へのインタビューにも定評がある。現在、読売新聞東京本社・文化部次長。
抄録子を置いての出奔、妻子ある人との関係、作品への毀誉褒貶、出家…波瀾に満ちた人生を作家自身の「語り」で振り返り、尽きせぬエネルギーの源に迫る。

目次
第1章 私小説としての人生(「夏の終り」から始まった/文学少女時代/早すぎた結婚/出奔、流浪/「花芯」の屈辱/流行作家の私生活/運命の出会い/愛された記憶)
第2章 伝記小説が出家をうながした(誤解される女、田村俊子/『かの子撩乱』と岡本太郎/大正の女たち/平林たい子の痛快/佐多稲子との因縁/宇野千代と昭和の“女流”/有吉佐和子という盟友/遁世への憧れ/出家の日)
第3章 京都と『源氏物語』(『京まんだら』の人々/昭和の中の乱世/「寂庵」を結ぶ/晴美から寂聴へ/『源氏物語』への運命/女人成仏/『源氏』とケータイ小説)
第4章 文学と祈りの間で(革命に生きた女性たち/「青鞜」から受け継ぐもの/自立の案内人として/天台寺のあおぞら説法/戦争、反対!/小説はわが真言なり/さまざまな男友達/梵音に祈りを)
ISBN9784120040597 (平)
ヒット数278
作成日2010.01.29
更新日期2010.08.02



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
222128

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ