サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
認識主体としてのプトガラ存在に関する批判 -- 倶舎論破我品の所説を中心にして=Pudgala as the Basis of Recognition: Chiefly depending on the Ninth Chapter of Abhidharmakośabhāṣya
著者 武田宏道 (著)=Takeda, Hiromichi (au.)
掲載誌 インド学チベット学研究=Journal of Indian and Tibetan Studies=インドガク チベットガク ケンキュウ
巻号n.7/8
出版年月日2004.11.01
ページ33 - 48
出版者インド哲学研究会
出版サイト http://www.jits-ryukoku.net/
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
ノート作者單位:龍谷大学
芳村修基教授追憶記念号
キーワードプドガラ実有; 了得; 能了得; 認識主体
目次はじめに 33
第1節 認識主体としてのプドガラ実有の比量による証明・・・・・・プドガラが仮有になる 35
第2節 犢子部の説く「眼識に識知される諸色に縁って識がプドガラを認知する」ことの解釈 38
第1項 了得するための因のうえからの考察・・・・・・因が諸色であれば、両者が異なる 39
第2項 対象を了得する能了の識のうえからの考察 41
1. 色を了得する能了と同一の能了がプドガラを了得する場合 41
2. 色を了得する能了とは異なる能了がプドガラを了得する場合・・・・・・プドガラが色とは異なる過失 44
3. プドガラを了得する能了と色を了得する能了との一・異が不可説である場合・・・・・・能了の識も不可説法蔵に摂まる過失 46
まとめ 47
ISSN13427377 (P)
ヒット数674
作成日2010.02.01
更新日期2020.08.03



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
222321

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ