サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
中國佛學之精神
著者 洪修平 (著)=Hong, Xiu-ping (au.) ; 陳紅兵
出版年月日2009.08.01
ページ360
出版者復旦大學出版社
出版サイト http://www.fudanpress.com.cn/default.asp
出版地上海, 中國 [Shanghai, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
ノート初版
キーワード中國佛學
抄録中國佛學精神是印度佛教文化精神與中國傳統文化精神相融合而形成的。外來佛教傳入中土後,經過兩漢時期對中國傳統文化的依附、迎合與調和,魏晉南北朝時期與傳統儒道的共存並進、沖突交流,隋唐時期的相互吸收、獨立創新,以及入宋以後的融合滲透、三教合一,逐漸形成了具有自身精神特質的中國佛學理論。中國佛學一方面繼承了印度佛教的出世精神、思辨精神和文化寬容精神,另一方面又融合吸收了以儒道為主要代表的中國傳統文化的倫理精神、人文精神、自然精神等,從而形成了富有特色的中國佛學精神。本書追溯了中國佛學精神的印度文化之源、中土文化之根,並對中國佛學精神的形成發展、中國化佛教宗派的主要理論學說、中國佛學精神在不同理論學說中的體現,以及中國佛學的圓融精神、倫理精神和人文精神等進行了全面深入系統的探索和分析,是研究中國佛學形成發展歷程、中國佛學基本理論學說、中國佛學精神特質的力作。本書是帶有專著性質的國學教材,讀者對象為大專或本科生,系高職高專以上院校人文素質或通識教育的教材,也可作為社會人士、干部與經理人才的講座教材與讀物。

目次第一講-緒論︰中國佛學的特點與精神
第二講-中國佛學精神的印度文化之源
第一節 印度文化精神
一、印度文化精神形成的諸多因素
二、印度文化精神的幾個主要表現
三、印度文化主題的幾個重要觀念
ISBN9787309067675 (平)
ヒット数293
作成日2010.03.08
更新日期2014.05.30



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
224364

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ