サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
南詔的政教關係
著者 蔣義斌
掲載誌 雲南大理佛教論文集
出版年月日1992
ページ79 - 116
出版者佛光出版社=佛光文化事業有限公司=Foguang Cultural Enterprise Co., Ltd.=Fo guang wen hua shi ye you xian gong si
出版サイト http://www.hsilai.org/chinese/giftshop/GiftShop_main.asp
出版地高雄縣, 臺灣 [Kaohsiung hsien, Taiwan]
資料の種類專題研究論文=Research Paper
言語中文=Chinese
ノート附提要
キーワード南詔; 政教合一; 大黑神; 密宗; 密教
抄録本文首先表列南詔歷代諸王的譜系,次則依序引文討論南詔的立國傳說、南詔王室的早期信仰、南詔王室宗教的改變及其與唐關係的改變,末為結語。宗教一直是南詔政權建立的重要支柱,王室原先是信仰巫教,後由內地接收了道教。直至南詔中晚期,佛教才在政教關係中扮演重要角色,王室為解決其統治權危機,在原有的本主信仰基礎上結合當時流行的佛教,藉佛教的大黑神、金鳥圖案之象徵,以增強王室權威。南詔王室受佛教影響後,在外交上始終要求與唐維持平等關係。閣羅鳳王時代因唐邊吏的侵侮,轉與吐蕃結盟,仍有天下一主的觀念。至南詔中晚期,結合佛教重建王室權威後,則不再有「不可以無主」的觀念,堅持與唐維持對等關係,唐帝國甚至要透過僧侶來與南詔建立外交關係。
ヒット数119
作成日1998.07.22
更新日期2014.06.20



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
250005

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ