サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
禪宗圓相論探原
著者 吳永猛
掲載誌 佛教的思想與文化--印順導師八秩晉六壽慶論文集
出版年月日1991.04
ページ53 - 68
出版者法光出版社
資料の種類專題研究論文=Research Paper
言語中文=Chinese
ノート附提要
キーワード禪宗=Zen Buddhism=Zazen Buddhism; 圓相論; 圓; 溈仰宗; 法輪; 圓宗
抄録本文依據佛教哲理,敘述中印自古以來對圓相造型的意
識型態,並說明溈仰宗以圓相表達禪道的方法。中國在史前
時期已用圓圈圈來構圖,圓形圖案並散見於殷商與周代的
器銘、秦漢建築瓦當與銅鏡等。唐代圓形紋飾普遍用於貴
族到平民各階層;宋代周敦頤提出「太極圖說」;宋代以來
器皿皆以圓的造型,圓形圖案更不勝枚舉,顯示圓造形從意
識型態到一般日用,已發揮得淋漓盡致。印度供養佛舍利的
佛塔為傘狀,或半球型覆缽式的塔,象徵圓滿。阿育王時代
遺留下來的阿育王柱,柱頭刻有圓的「法輪」表現佛法體用
的內涵。此外諸如禮拜實踐等動作、建築構圖、雕刻壁畫等
藝術創作,亦常見圓的造型。中華禪自六祖門下有多位禪師
借用圓相來表達禪理,諸如:南陽慧忠、南泉普願、圭峰宗
密、仰山慧寂、曹山本寂等。尤其仰山慧寂善用畫圓來闡揚
禪意,成溈仰宗的一大特徵,故溈仰宗亦稱圓宗。
ヒット数349
作成日1998.07.22
更新日期2010.12.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
250041

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ