サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
大乘佛教孝觀的發展背景
著者 古正美
掲載誌 從傳統到現代 -- 佛教倫理與現代社會
出版年月日1990.10
ページ61 - 106
出版者東大圖書公司
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類專題研究論文=Research Paper
言語中文=Chinese
キーワード遮迦越羅; 法王; 法施; 生身供養; 轉輪王; 浮圖
抄録大乘孝觀的主特色即是「報恩思想」的信仰,事實上「報恩思想」即是孝的定義. 大乘佛教在此又特別重視供養父母的思想,認為供養父母也是一種佛教倫理的修行方法.

實際上,大乘重視世法或世俗化的現象與貴霜政治思想的發展有密切的關係. 且更用護法的信仰概念將世法與出世法統合起來成一個沒矛盾的信仰體系. 大乘佛教的孝觀雖是大乘的倫理信仰,但此信仰和轉輪王的政治信仰一樣都是屬於大乘世法的說明內容. 故大乘孝觀的理論發展及實踐方法也都是在護法信仰體系之下開展出來的. 所以大乘孝觀的發展不但大乘信仰發展的結果,且也是歷代佛教
受政治思想及信仰影響的發展結果.
ISBN9789571903
ヒット数525
作成日2001.08.30
更新日期2016.08.17



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
250117

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ