サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛教諸種道德之現代詮釋
著者 鄭學禮
掲載誌 從傳統到現代 -- 佛教倫理與現代社會
出版年月日1990.10
ページ181 - 198
出版者東大圖書公司
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類專題研究論文=Research Paper
言語中文=Chinese
キーワード佛教; 倫理; 道德; 戒律=Precepts=Vianya=Sila; 上座部; 禪宗=Zen Buddhism=Zazen Buddhism; 淨土宗; 大乘
抄録本文之內容主在探討佛教倫理學在歷史發展中,其倫理教義與實踐方式的多樣性意義. 首先,作者檢驗了上座部的倫理學說,由心理層面與認知層面來分析五戒,十惡之所以導致罪惡與痛苦的根源意義,並附論了龍樹對傳統業論的質疑. 其次,文中反駁了當代學者認為禪在道德上是無所作為的論點,而凸顯了禪定對修證的價值,並提及了禪的工作倫理,在今日東亞經濟成就上的貢獻. 再者,本文亦討論了上座部與大乘在「流轉」與「涅般」,道德行為之功德可否迴向他人等形上問題的不同主張,以說解二者作為倫理學基礎的差異. 最後,則略論淨土宗宣唸阿彌陀佛名號的行為動機及其在倫理學上的觀點.
ISBN9789571903
ヒット数150
作成日1998.07.22
更新日期2016.08.17



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
250124

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ