サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛教東傳年代論
著者 和田清 ; 許章真
掲載誌 西域佛教文史論集
出版年月日1989
ページ219 - 232
出版者學生書局
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類專題研究論文=Research Paper
言語中文=Chinese
キーワード佛祖統紀; 魏書; 釋老志; 楚王英; 佛教東傳
抄録佛教究係何時及如何傳入中國? 由於說法紛紜,本文
試從相關史傳的記載加以考究.

首就《佛祖統紀》及《魏書釋老志》之記載,考據佛
教在秦始皇及漢武帝時即巳傳入的可能性. 其次考證後漢明
帝夜夢金人遣使求佛及《後漢書》所載楚王英信佛的故事真
偽,繼之略述通說所公認漢哀帝元壽元年為佛教入華之年的
說法.

最後本文除提出兩點理由反駁上述楚王英信佛及佛教在
前漢時傳入之說法外,並引東漢張衡 <兩京賦> 及《後漢書
襄楷傳》中之記述,認為佛教很有可能是在東漢章帝,和帝
朝後,大約是班超將中亞安頓妥當,東西方接觸頻繁時,
才向東傳來,而非在哀帝或前漢左右即巳傳入中國.
ヒット数323
作成日1998.07.22
更新日期2016.07.28



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
250151

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ