サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
于闐僧提雲般若
著者 Fortem, Antonino ; 許章真
掲載誌 西域佛教文史論集
出版年月日1989
ページ233 - 246
出版者學生書局
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類專題研究論文=Research Paper
言語中文=Chinese
キーワード武則天; 譯經; 譯場; 日照; 唐朝
抄録本文簡要論究提雲般若譯名之原名,其由于闐到達洛陽
之年代,緣由,及其在當時官方的譯經中心--洛陽魏國寺所
參與的譯經活動. 包括該譯場的組織分工方式,參與譯經的
成員及所譯出的經典.

文末略論提雲般若對東方佛教的影響,主為其譯之《
法界無差別論》,乃僅有的漢譯本. 最後則就上述提雲般若
的活動資料,進一步分析當時佛院是在什麼環境下,決定徹
底仰賴武則天政權的支持. 簡言之,即武則天決定使中國佛
教成官定佛教,於是以佛禮祭拜祖先,且在洛陽設立寺廟
,並在此設立官方譯經中心,集合高僧大德,將梵本集中於
一地翻譯. 此中心至提雲般若東來,方正式開場,並藉
將長安,洛陽傑出佛教代表人物聚攏一地,以達宣傳目的.
此即為當時佛教傳教活動之所以以武則天政權的利益為重之
環境因素.
ヒット数367
作成日1998.07.22
更新日期2016.07.28



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
250152

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ