サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
格義佛教思想之史的展開
著者 林傳芳
掲載誌 華岡佛學學報=Hwakang Buddhist Journal
巻号n.2
出版年月日1972.08
ページ45 - 84
出版者中華學術院佛學研究所
出版サイト http://www.chibs.edu.tw/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード格義佛教; 魏晉玄學; 竺法雅; 釋道安; 釋慧遠
抄録佛教於兩漢間初傳中土,此期中國社會瀰漫儒道及民間傳統信仰; 及至魏晉,更有老莊玄學及清談之風. 為使佛法能為具高度文化背景中國接受,魏晉時期的竺法雅,康法朗提倡以「格義」方法來解釋佛教教義. 本文從佛教初傳中國的時代背景,探討格義佛教發展的軌跡,並敘述道安及弟子慧遠等以「格義」的方式著述講學; 其後道安對此現象反省,糾正了格義的偏差,引導正確掌握經義之路. 及至羅什來華,致力於譯經及般若教義的闡揚,魏晉以來以老莊虛無比附空義的思想,至此才獲正解. 然而格義思想並未故止息. 事實上,格義思想在中國佛教發展上佔著重要的地位. 故作者認為只有透過兩千年來的中國佛教思想,才能真正理解中國佛教所以異於印度佛教之因.
目次格義佛教思想之史的開展 46
一、導言 46
二、漢代思想界與民間信仰 47
三、中西交通與佛教入華 49
四、魏晉思想與佛教 55
五、格義佛教的發達 59
六、道安與格義佛教 64
七、慧遠與格義佛教 70
八、羅什來華後的格義佛教 74
九、格義思想與中國佛教 81
十、結語 84
ヒット数962
作成日1998.07.22
更新日期2017.08.22



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
252209

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ