サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
《十地經》與《十地經論》緣起觀與唯心觀之關係研究
著者 曹志成
掲載誌 國際佛學研究=Annual of International Buddhistic Studies
出版年月日1992.12
ページ307 - 325
出版者國際佛學研究中心
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード十地經; 世親; 心識觀; 緣起觀; 三界唯心
抄録本文是從文獻學,義理分析的雙重角度,並透過當代日本學者坂本幸男,玉城康四郎與伊藤瑞叡等位的研究成果,重新探討《十地經》與世親《十地經論》中的心識觀與緣起觀的內容及兩者之關係,並進一步澄清了「唯心」一詞所隱含的歧義性及可能的課題.

從本文的探討,我們可以知道《十地經》與《十地經論》的「識」是虛妄的,而「三界唯心」的「心」則是真變和合的. 且我們亦可得知「十二有支依於一心」的「一心」則是偏重十二緣起順觀義的和合觀,換言之,它是「三界唯心」底絕對知識所投射出的相對知識.

另一方面由本文的考察,我們也發現「唯心」的意涵也不只是「心理存在論」上的真心或本心,它也可指涉非固定實體性的「情境主體」及「觀法的能動主體本身」. 所謂的「唯心」的「唯」也不一定非具「遮外境,肯定內識」的「觀念論」色彩不可; 它也可能意味著「遮離心之作者」「不遮外境」的「心境」「平等性」:亦即指涉著「在世俗上,心境俱有; 在勝義上,心境俱無」的意涵.

A philological and semantic investigation into the term "`cittamatra` "helps find and clarify the ambiguities of the term and its possible issues. By this investigation we learn that the "shih" as in shih-di-jing and Shih-di-jing-lun is void and un-real,but the mind as in the Only Mind of the Three Worlds is of the orchestration of the Real and
the un-Real,the two in perfect harmony. In addition,we also learn that the "one mind" as in the only Mind of the three worlds is of the orchestrational view of the shih-erh yuan-ch'i as in the sense of shun kuan; that is, it is of a relative knowledge which is projected from the Absolute Knowledge of the Mind of the Three worlds. It is
also concluded that the issue of the "Only Mind " covers not only the (un-) Real Mind as in psychology but the issue of the "situational subject" and the "by-Law motionable subject-in-itself."
ヒット数311
作成日1998.07.22
更新日期2018.01.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
252316

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ