サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
安慧《三十唯識釋》原典譯註(一) -- 第一分識轉化論之第一、第二品
著者 霍韜晦 (著)=Huo, Tao-hui (au.)
掲載誌 新亞學報=New Asia Journal
巻号v.13
出版年月日1980.06
ページ139 - 210
出版者新亞研究所
出版サイト http://newasia.proj.hkedcity.net/index.phtml
出版地九龍, 香港, 中國 [Kowloon, Hong Kong, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード安慧; 唯識三十頌; 唯識學
抄録This is the first complete tranlation of Trimsikavijnaptibhasya by Sthiramati from Sanskrit into Chinese. The text, found in Nepal by Sylvain Levi in 1922, is the only extant Sanskrit version amongst the ten commentaries of 'Trimsikavijnaptikarika' (唯識三十頌) of Vasubandhu (世親). Before the recovering of the text, the sources for Chinese scholars to study the theory of `Vijnaptimatra` were based on Ch'eng Wei Shih Lun (成唯識論), a collective commentary to 'Trimsikavijnaptikarika' done and translated by Hsuan Tsang (玄奘) who, being a student of the second generation under the Dharmapala (護法) School, found it difficult to maintain a fair treatment of all other views. Therefore, we can now trace back the idea of Vasubandhu, evaluate the former Chinese translations and clarify the Sthiramati's own views against the original text by Sthiramati.
The translation includes eight chapters. Only the first, two are published here, namely, the concept of 'vijnaptimatra' and the 'alayaparinama'. Both philological and philosophical notes with detailed discussions have been given in each chapter.
ISSN0073375x (P)
ヒット数481
作成日1998.07.22
更新日期2020.01.17



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
262599

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ