サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
大乘佛教倫理思想研究
著者 李明芳
出版年月日1989.10
ページ129
出版者佛光出版社=佛光文化事業有限公司=Foguang Cultural Enterprise Co., Ltd.=Fo guang wen hua shi ye you xian gong si
出版サイト http://www.hsilai.org/chinese/giftshop/GiftShop_main.asp
出版地高雄市, 臺灣 [Kaohsiung shih, Taiwan]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
ノート中國文化大學印度文化研究所碩士論文
キーワード轉世=輪迴=Samsara=Rebirth=Reincarnation; 緣起=十二因緣=pratitya-samutpada=conditions=paticca-samuppada; 漢傳佛教=大乘佛教=北傳佛教=Mahayana Buddhism; 菩提心=Bodhicitta; 涅槃=無為法=asamkrta-dharma=Parinibbana=Nibbana=Nirvana; 研究方法; 持戒; 因果=Cause and Effect=Causality=Causation; 布施=宗教捐獻=寺廟募款=Dana=Donation; 六度=六波羅蜜=The Six Perfections; 尸羅=戒=command=Precept=sila=morality=rule=discipline=prohibition; 大乘
抄録本書係從規範倫理學角度探討大乘倫理思想,並以西方哲學概念解析之,組織明晰,立論高妙。
目次
一. 緒言
1. 研究動機
2. 材料的選擇
3. 研究方法及預定目標
4. 全文概述
二. 大乘佛教「自利利他」思想的開展
1. 從戒律之演進看「自利利他」精神的彰顯
2. 從「法空」思想看「自利利他」經神的彰顯
三. 大乘佛教倫理思想的哲學基礎
1. 緣起法
2. 因果律與意志自由
3. 業,輪迴與涅槃
四. 「自利利他」的概念解析
1. 「自利利他」邏輯形式的探討
2. 「自利利他」中「利」字具兩個向度的討論
3. 「自利利他」行為不是「自私的」行為的探討
4. 「自利利他」不同於「手段--目地」模式的解析
五. 「自利利他」做為一個倫理的理論
1. 大乘佛教對「善」,「惡」的定義
2. 「實然應然」問題
3. 「自利利他」做為倫理學的理論
4. 「自利利他」倫理原則用於非人類存在物的討論
六. 大乘倫理思想的實踐論
1. 發菩提心
2. 布施
3. 持戒
4. 六度波羅蜜的互攝
ISBN9575430018
ヒット数430
作成日1998.07.22
更新日期2011.12.13



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
267323

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ