サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
印度佛教史概說
著者 井ノ口泰淳 ; 佐々木教悟 ; 高崎直道 ; 塚本啓祥 ; 姚長壽 ; 楊曾文
出版年月日1989
ページ150
出版者復旦大學出版社
出版地上海, 中國 [Shanghai, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード印度佛教史;
目次
第一章 序說
第二章 古代印度的社會和宗教
第三章 喬答摩,佛陀
第四章 初期的佛教教團
第五章 孔雀王朝時代的佛教的發展
第六章 印度希臘王朝與佛教
第七章 塞種,帕赫拉瓦時代佛教諸部派的動向
第八章 貴霜王朝和說一切有部佛教
第九章 印度教的形成和大乘佛教
第十章 娑多波漢那王朝和佛教
第十一章 笈多王朝時代的佛教
第十二章 笈多王朝分裂後的佛教
第十三章 波羅王朝和密教
第十四章 伊斯蘭教徒的侵入和佛教的滅亡
第十五章 近代印度的佛教復興運動

附錄一 印度佛教美術的發展
附錄二 印度佛教向周圍地區的傳播
ISBN730900230X
ヒット数1134
作成日1998.07.22; 2002.10.05
更新日期2008.07.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
267386

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ