サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
中國禪宗思想歷程
著者 潘桂明
出版年月日1992
出版者今日中國出版社
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
ノート本書列入王志遠主編的 《宗教文化叢書》
キーワード禪宗=Zen Buddhism=Zazen Buddhism=Chan Buddhism=Son Buddhism; 中國佛教史=Chinese Buddhist History
目次一、菩提達摩及其達摩禪
1.達摩來華
2.達摩禪
3.北方禪學論衡
4.早期楞伽師
二、楞伽師承及"東山法門"
1.漸修的修法
2."東山法門"的建立
3."東山法門"的內容
4."東山法門"與天台,三論的關係
三、神秀及其"北宗禪"
1.弘忍門下的傳承
2.神秀的禪法思想
3."北宗禪"的興衰
四、慧能的"佛性"論和"頓悟"說
1.慧能生平及其他
2.慧能的禪學思想
3.慧能與道生在"頓悟"說上的分歧
4.慧能禪的幾點評論
五、神會的禪學思想及其歷史地位
1.荷澤神會的生平
2.神會的禪學思想
3.神會禪學的歷史地位
六、牛頭禪和保唐禪
1.牛頭禪的思想特色
2.保唐寺禪系的禪學
七、馬祖道一及其洪州禪
1.洪州禪的確立
2.馬祖道一的基本思想
3.百丈懷海對洪州的貢獻
4.洪州禪的老莊化問題
八、臨濟禪的思想及其風格
1.黃檗希遷和他的《傳法心要》
2.臨濟禪的思想及其風格
3.關於臨濟的評價
九、曹洞禪的思想及其風格
1.曹洞宗的成立
2.曹洞禪的世界觀和解脫論
3.曹洞禪的歷史影響
十、禪教一致和禪淨合一思想 瑪陸_
1.宗密"華嚴禪"理論的確 ?
2.延壽的融合統一思想
3.契嵩的三教合一思想
十一、宋代官僚士大夫的參禪活動
1.士大夫參禪的繁榮局面
2.兩宋士大夫參禪原因探討
3.宋代士大夫禪學在禪宗思想史上的地位
十二、黃龍慧南和楊岐方會
1.黃龍慧南的禪學
2.楊岐方會的禪學
十三、大慧宗杲的禪學
1."看話頭"與"默照禪"的對立
2.大慧宗杲的"忠義之心"說
3.宗杲論士大夫禪學
十四、元明叢林禪學及晚明"四大高僧"佛學
1.元代的臨濟禪
2.明代的臨濟禪和曹洞禪
3."四大高僧"的禪淨合一理論及其實踐
十五、袁道宏為代表的晚明士大夫禪學
1.袁宏道的禪學素養
2.晚明士大夫禪學的歷史評價
十六、清代禪宗思想述略
1.雍正及其《御選語錄》
2.清代的臨濟禪和曹洞禪
ヒット数423
作成日1998.07.22
更新日期2014.05.22



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
268456

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ