サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
李卓吾的佛學與世學
著者 林其賢
出版年月日1992
出版者文津出版社
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード淨土思想; 淨土=Pure Land; 佛教; 佛法=Buddhadharma; 佛; 生死=life and death=rebirth and redeath=birth and death=Samsqra; 尼陀那=因緣=Nidana
目次一、李卓吾的成學經過
1.生命的醒覺
2.思想的蘊蓄與成熟
二、影響李卓吾早期學思的幾位思想家
1.王龍溪與羅近溪
2.焦弱侯
3.耿定理
三、李卓吾的人格特質
1.為什要探討人格特質
2.豪傑而非聖賢的人格型態
3.真小人而非偽君子的性行
4.偏執而非寬容的態度
四、李卓吾自殺原因試探
1.李卓吾的佛教生死觀
2.李卓吾自刎與他生死觀的關聯
3.李卓吾自殺的社會因素
4.李卓吾自殺的個人性因素
五、李卓吾思想的基本性格
1.了解李卓吾思想的幾條線索
2.了生脫死的終極希求
3.功利取向的歷史判斷
4.正視情欲的為己之學
六、李卓吾的學佛因緣與生涯
1.李卓吾的學佛因緣
2.李卓吾的佛法生涯
七、李卓吾的佛學思想與實踐
1.李卓吾的歷史難題
2.李卓吾受非議之因
3.李卓吾的佛學實踐
4.李卓吾的淨土思想
ヒット数151
作成日1998.07.22
更新日期2014.05.22



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
268592

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ