サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
船山佛道思想研究
著者 吳立民 ; 徐蓀銘
出版年月日1992
出版者湖南
出版地長沙, 中國 [Changsha, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード佛教與道教=佛教與老莊=Buddhism and Taoism
目次上編--船山佛道思想研究
一、船山與佛家
1.追溯源流話傳承
2.絡索相宗開生面
3.方外之交研禪理
4.談禪說詩興味濃
二、船山與道家
1.虛靜無為衍《老子》
2.以幾遠害析黃老
3."故通之"解蒙莊
4.貞生安死話內丹
5.魏陶陳邵論短長
三、評諸子的佛道思想
1.躁競苛嚴責申韓
2.藏頭縮項論何王
3.樹花齊放辨范縝
4.駁粗入淺評韓愈
5.外王內佛話安石
6.太極圖說贊濂溪
7.推崇正學宗橫渠
8.程門後學淫佛老
9.空同道士談朱熹
10.神秘妙悟駁陸王
11.受法龍溪斥李贄
12.伊字三點∴說以智
四、船山佛道思想及其人生觀之內在邏輯結構
1.時代背景 內在依據
2.依人建極 以人合天
3.洞察人心 師宗道心
4.因所發能 能符其所
5.動為道樞 靜以含動
6.日生日學 由漸而頓
7.同歸殊途 一以貫之
8.欲中見理 理欲合一
9.日生日成 性命雙修
10.貞生安死 相天造命
五、餘論
1.出入佛道,破除異端,學者之任,治道之本
2.人壘襲輜,知其始末,攻其瑕疵,裁而用之
3.有爭議的兩個問題
4.幾點啟示
下篇--船山佛道著作通釋
一、《相宗絡索》內容提要/王恩洋
二、《相宗絡索》通釋/吳立民,徐蓀銘
1.本書之版本及著作之緣由
2.相宗之歷史淵源與傳承關係
3.相宗之判教與研究綱領
4.《相宗絡索》通釋
三、略談《相宗絡索》創作的根源/董紹明
四、《相宗絡索》初探/明真
五、《愚鼓詞》注釋例言/吳明
六、《愚鼓詞》注釋餘論/吳明
後記
ヒット数487
作成日1998.07.22
更新日期2016.08.24



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
268682

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ