サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
小乘佛學 -- 佛教的中心概念和法的意義=The Central Conception of Buddhism and the Meaning of the Word "Dharma"
著者 舍爾巴茨基=Stcherbatsky, F. Th. ; 立人
出版年月日1994
出版者中國社會科學
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
シリーズ漢譯世界佛學名著之二
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード藏文; 緣起=十二因緣=Pratityasamutpada; 緣起=pratitya-samutpada=conditions=paticca-samuppada; 緣起=paticca-samuppada=pratitya-samutpada=conditions; 說一切有部=Sarvastivada; 佛教; 佛陀=Gautama Buddha; 佛; 因果=Cause and Effect=Causality=Causation; 世親=Vasubandhu; 五陰=五聚=五蘊=五取蘊=Panca-skandha=Panca khandha; 小乘
目次一. 序論
二. 五蘊 -- 存在的基本元素
三. 十二處 -- 認識的基本元素
四. 十八界 -- 意識的基本元素
五. 物質的基本元素
六. 心理的基本元素
七. 力
八. 元素的非實體性
九. 相依緣起 -- 因果法則
十. 業
十一. 構成元素的非永恆性
十二. 數論瑜伽中的非永恆性
十三. 構成元素的不穩定性
十四. 認識的理論
十五. 佛陀前的佛教
十六. 總結
附錄1. 世親論說一切有部的基本原理
附錄2. 說一切有部的構成元素表,據英國皇家亞洲學會1923年倫敦版譯出含專有名詞索引及藏文術語索引.
ヒット数255
作成日1998.07.22
更新日期2016.08.25



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
269264

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ