サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Studies in Buddhist Dogma
著者 de La Vallée-Poussin, Louis
掲載誌 Journal of the Royal Asiatic Society of Great Britain and Ireland
巻号v.38 n.4
出版年月日1906.10
ページ943 - 977
出版者Royal Asiatic Society of Great Britain and Ireland
出版サイト http://royalasiaticsociety.org/?q=journal
出版地London, UK [倫敦, 英國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
ノートCB80
キーワードTrikaya; Dharmakaya; Sambhogakaya; Nirmanakaya
抄録One of the more interesting features of the Great Vehicle, or Mahāyāna School of Buddhism, is the system of the Three Bodies. Being at first a ‘ Buddhology,’ a speculative doctrine of the Buddhahood, this system was afterwards made to cover the whole field of dogmatic, of ontology, and was in particular substituted for the antiquated ‘ dependent origination’ (pratītyasamutpāda). At first the Buddhas alone had three ‘ Bodies’ ; afterwards the whole universe was looked upon as residing in or made of the Bodies. Later, or by parallel development, new mythological, mystic, and physiological reveries caused serious alterations of the primitive ‘ trinitarian’ form, and in particular the addition of two more Bodies to the ‘ classical’ ones ; and the Tantric school, in its own fanciful, mystic, and theurgic way, reduced the speculative system to a mere practical method of Yoga.
ISSN0035869X (P)
DOI10.1017/S0035869X0003522X
ヒット数443
作成日1998.04.28
更新日期2020.04.13



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
271788

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ