サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
The Idea of Bodhisattva in Chinese Versions of Larger Mahaprajnaparamita Sutra and Satra
著者 蔣義斌=Chiang, I-pin
掲載誌 佛教與中國文化國際學術論文集
出版年月日1994.07
出版者中華文化復興運動總會
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類專題研究論文=Research Paper
言語中文=Chinese
ノート736
キーワード大品般若經;大智度論;妙法蓮華經;鳩摩羅什;法;蔣義斌;護;無叉羅;大乘;菩薩;地;中華文化復興運動總會;Mahaprajnaparamita sutra;Mahaprajnaparamita satra;Lotus sutra;Kumarajiva;Dharmaraksa;Moksala;Mahayana;Bodhisattva;Bhumi;
抄録本文以 <大品般若經>,及其他譯本如 <放光>,<光讚> 會讀,檢討大乘佛教初期菩薩觀念的演變,及其意含. 若對此問題能進一步探討. 將有助吾人釐清大乘運動的精髓.

在大乘運動中,菩薩成一種心智上不斷開拓的過程,用佛教的術語,則為不執著,菩薩為其性格為何是不斷的開發? 原始佛教三法印則談究畢涅槃,然而菩薩是不入涅槃的,入涅槃是否是一種執著? 菩薩和聲聞,緣覺是何種關係? 其間的差異為何? 而菩薩是一不斷開拓的過程,如何呈現其過程? 凡此,都是值得深思,有待釐清的地方.

菩薩和傳統佛教的關係,處於滋潤,開拓的關係,然而大乘運動,究竟開拓了那些部分,若以知識論的角度,我們可以看到,越晚出的般若系經,其理論的建築越完整,這點由對照 <光讚>,<放光> 即可看出,如在早出的大品系經典,對十八空常用形容詞來描述,而晚出的大品系經典,則用概念的論述為主.

菩薩是永遠處於發展的狀態,其發展的究竟,和佛是何種關係,在菩薩的性格中,最基本的特色是不著,而心智及感情亦在開發中不斷前進,不斷前進的菩薩,在相當的努力後,他和佛的關係,是處於何種關係? <道樹品> 說:「當知菩薩為如佛」,「如」可以解釋為「相似」,如此,菩薩則為比佛稍低一級,這和目前一般通行的佛教教義一樣,但 <大智度論> 的解釋,則不然,<大論> 說如佛,是和佛同一如,「如」是法性,實際之意,<大論> 的解釋應符合 <大品> 的原意,因 <大品> 又說:「當知是菩薩實如佛,何以故,以如故說如來,以如故說辟支佛...諸菩薩摩訶薩學是如得一切種智,得名如來」,很明顯地,此處所說的菩薩和佛關係,並不是因位,果位,而是說菩薩摩訶薩「得名如來」.

大品般若經,在相當程度回答了大乘運動菩薩觀的新內含,但仍有些問題,大品系的般若經並沒回答的很清楚,如菩薩的階位,尤其是不共菩薩方面,很明顯其組織仍有待進一步說明.
ヒット数214
作成日2001.04.11



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
272500

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ