サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
T'ien-T'ai Chih-I's Theory of Buddha Nature: A Realistic and Humanistic Understanding of the Buddha
著者 釋恆清 (著)=Shih, Heng-ching (au.)
掲載誌 Buddha Nature: Theory and Practice
出版年月日1990
ページ1 - 17
資料の種類專題研究論文=Research Paper
言語英文=English
ノート736
キーワード佛性; 性惡論; 釋恆清; Buddha-nature; Nature of evil
抄録天台哲學是中國佛教思想發展的顛復. 其特色在它的圓教性具學說. 而最能表顯性具思想,是天台智顗所主張的「如來性惡說」. 此說對佛性給予很有創造性的詮釋. 本文分四部分探討性惡說. 第一部分討論其思想根源,重點放在慧思的 <大乘止觀法門> 的性染思想. 第二部分探討智顗在 <觀音玄義> 中如何闡明性惡. 其基本立論是建立在性之善惡,乃本具而不變,即使是如來亦復如是. 由於性惡說與傳統的佛性論有相反的論調,引起不少論難,故第三部分討論普寂對性惡說的批判. 第四部分探討性惡說的意義. 與其說性惡說是反佛教倫理的,不如說它是從真實且人性化的立場去瞭解佛性. 由於如來性惡的存在,使眾生與佛間架起了更密切相應的橋樑.
ヒット数323
作成日2001.04.20
更新日期2014.04.01



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
273677

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ