サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
智慧與禪定作為佛教神通的成立基礎 -- 從原始佛教至瑜伽行派
著者 釋大寂 (著)=Shih, Da-ji (au.)
出版者華梵大學哲學系=Dept. of Philosophy, Huafan Univ., R.O.C.
出版地臺北縣, 臺灣 [Taipei hsien, Taiwan]
資料の種類博碩士論文=Thesis and Dissertation
言語中文=Chinese
ノート指導教授:郭朝順; 華梵大學哲學系第二屆畢業生學士論文
キーワード禪定=Concentration=Dhyana; 神通; 智慧
目次大綱與目錄
研究動機
研究方法
第一章 緒論
第一節 提出問題
第二節 神通在因明中的辯證關係
第二章 約原始佛教(Early Buddhism)而論
第一節 智慧進路的神通觀
第二節 從三段論法論證四念處是開發神通的正因
第三章 約部派佛教(Many-Schools Buddhism)而論 -- 以《舍利弗阿毗曇論》的神通觀為主
第一節 六種神通
第一項 神足智證通
第二項 天耳智證通
第三項 觀心心數法智證通
第四項 憶念宿命智證通
第五項 眾生生死智證通
第六項 漏盡智證通
第二節 從禪定發動神通
第三節 從四神足起動神通
第四節 小結
第五節 餘論 -- 連結智慧與神通
第四章 約般若系而論
第一節 般若經自身
第一項 突變之性格
第二項 掃除戲論
第三項 於離戲論中修得神通
第四項 我與神通之關係
第五項 度化眾生的善巧方便
第六項 小結
第二節 中觀見
第一項 消弭二元論
第二項 龍樹菩薩的辯證技巧
一、破因緣品
二、破大小乘法
三、入定所含入者與入法之謬誤
第三項 空性智慧
第四項 神通之存在性
第五項 小結
第五章 約瑜伽行派而論
第一節 令對象 (object) 現量化
第二節 古印度之瑜伽派
第一項 瑜伽 (yog?) 之考察
第二項 派坦加利 (patajali) 之《瑜伽經》
第三項 從八支坐法開發神通
第三節《瑜伽論》對玄奘的重大意義
第四節《瑜伽師地論》中的神通義
第一項 發動神通之基礎
第二項 作意十二種想
第三項 佛菩薩之威神力
一、聲聞獨覺與佛菩薩之差異
二、十八種神變
三、餘四種威力
第五節 小結
第六章 結論
參考書目
ヒット数295
作成日2001.05.02
更新日期2020.12.14



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
273984

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ