サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Zen Buddhism during the Tokugawa Period: The Challengeto Go beyond Sectarian Consciousness
著者 Mohr, Michel
掲載誌 Japanese Journal of Religious Studies
巻号v.21 n.4
出版年月日1994.12
ページ341 - 372
出版者Nanzan Institute for Religion and Culture=南山宗教文化研究所
出版サイト http://nirc.nanzan-u.ac.jp/en/
出版地名古屋, 日本 [Nagoya, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
ノート300
キーワード禪宗=Zen Buddhism=Zazen Buddhism; Japan--religion--1600-1868; Buddhist sects; Buddhism--Japan
抄録The transformation of Buddhism during the Tokugawa period has not been sufficiently explored by modern scholars. In this essay I will attempt to sketch an overall view of Tokugawa-period sectarian consciousness as expressed in the relations between the various obediences of what is popularly called “the Zen sect, ” namely the Soto, Rinzai, and Obaku schools. The question of lineage and identity is of central importance here, as this issue is intimately connected with sectarian developments during the Tokugawa period, and thus with the way in which the Japanese sects view themselves today. By examining certain figures and their writings, I will focus on the extent to which Buddhist sectarianism grew stronger during the Tokugawa period.
ISSN03041042 (P)
ヒット数943
作成日1998.04.28
更新日期2017.08.24



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
282013

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ