サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛遺教經
著者 釋證嚴=Shih, Cheng-yen
出版年月日2002.03
ページ344
出版者靜思文化志業有限公司
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
ノート平裝/第1版
キーワード佛遺教經;
抄録本經原名《佛垂般涅槃略說教誡經》,是學佛者修學佛法的基礎,依此修行可達到最終理想的目標.
佛示現人間是為教育眾生,希望眾生和他一樣能達到成佛的境界. 故他親證佛果後,苦口婆心說法49年,最後將入涅槃時,還再三教誡弟子要端正心念,勤修戒定慧,息滅貪瞋癡.
因佛擔心眾生無法直接. 深刻地體會他說的法,故在臨終的最後一日,再次為弟子解說,這是佛最後的教法(遺囑) ,故又稱為《佛遺教經》.
本經分為三部分:
1.序分:敘述經文大意和緣起. 包括此部經典是為何而說? 是如何說的? 講經的人. 地點. 時間及動機. 以現代的話來說,序分就是「開場白」.
2.正宗分:這是主內容. 例如本經為何稱為《佛遺教經》? 主教義是什麼?
3.流通分:在主內容講述後,佛會一再交代弟子要記住教法,且廣為流布,代代相傳.
ISBN9867920023
ヒット数193
作成日2003.12.26



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
290781

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ