サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
楞嚴經之觀音法門
著者 林中治
出版年月日1998.11
ページ238
出版者大圓出版社
出版サイト http://netcity5.web.hinet.net/UserData/a0815aa/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
ノート平裝/第1版, 叢書/系列:佛學修証系列
キーワード觀音法門;
抄録坊間講述「觀音法門」的著作不少,多強調觀音菩薩的神通妙用. 無上功德,或修行後身心所起的作用變化. 但對如何修習,卻少人著墨.
本來,「觀音法門」只是楞嚴經中35位大菩薩. 阿羅漢,講述的修行法門之一. 當時,會中諸大菩薩. 阿羅漢:最初發心悟18界,誰為圓通? 從何方便入三摩地? 從這段經文開始,揭露了25位大菩薩. 阿羅漢修行方便入處. 最後一位敘述的觀音菩薩,則從如何發落掛心. 入三摩地. 而至最後十方圓明獲二殊勝,一路直述其修行密意.
這個圓融無礙. 直接了證心地的無相大法,每一字句莫不代表每個大菩薩的修證過程的果位,其果殊勝處,近代學佛者已少能領會,更何況是身心投注的證入. 因此,才有本書今日的產生.
作者強調「發菩提心」及「入三摩地」,兩者為所有法門的基礎. 何以「發菩提心」如此重要? 菩提心即自性清淨之心,並凡夫不覺. 外道邪覺,皆是未開發此心故. 未發菩提心,修行易入外道,發菩提心就有這般重要.
而「三摩地」即定慧等持.《壇經》有言:定是慧之體,慧是定之用. 發菩提心,首要發慧,偏重在解在悟,而入三摩地,則在證,解行並進. 輕忽不得,如此才能圓融無礙. 現代人喜歡遍讀群書,但佛法修證若不下死功夫,只是徒然玩玩獨影境,又如何能受用? 作者以反覆講述. 帶領功夫參個的方式,能讓修行多年仍無法突破瓶頸的老參們. 頓捨執著. 當下返照般若智光.
ISBN9579838402
ヒット数260
作成日2003.12.12



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
294173

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ