サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
阿闍世的悟道
著者 定方晟 ; 劉欣如
出版年月日1996.11
ページ204
出版者大展出版社
出版サイト http://www.taipeipublishers.org.tw/mq_detail.asp?no=0240
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
ノート叢書系列:心靈雅集系列
キーワード阿闍世王; 佛教倫理學=Buddhist Ethics;
抄録阿闍世--這位印度的國王,生長年代跟釋迦牟尼佛相同.「阿闍世」是印度Ajatasatru一字的音譯,意譯成「未生怨」. 為何取名「未生怨」這樣不祥的名字呢? 這有一項傳說. 原來,他還在娘胎裡尚未誕生時,一位預言家說:「這孩子長大後會殺害父親. 」父親聽了心生畏懼,在他出生時,企圖弄死他. 結果失敗,反讓他平安成長起來,果然不幸被言中,他最後殺死了父親. 對父親而言,他等於「尚未出生便成怨敵」,故才特地叫他「未生怨」. 不久,他懊悔自己罪行,成了待救的可憐人. 這反而提供大乘佛教徒一項思考的主題--罪行與待救. 希臘悲劇作家創造一個殺父的典型,那就是歐德普斯王殺害父王的例子. 同樣地,阿闍世也成了印度佛教下,一則殺父的典型故事.
ISBN9575576543
ヒット数212
作成日2004.01.16



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
298425

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ