サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
入楞伽經
著者 菩提留支
出版年月日1991.08
ページ304
出版者圓明出版社
出版地臺北縣, 臺灣 [Taipei hsien, Taiwan]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
ノート叢書系列:正法眼藏系列
キーワード護法; 禪宗史; 禪宗=Zazen Buddhism=Zen Buddhism=Son Buddhism=Chan Buddhism; 漢傳佛教=大乘佛教=北傳佛教=Mahayana Buddhism; 楞伽經=楞伽阿跋多羅寶經=Lankavatara Sutra; 慈恩宗=法相唯識宗=法相宗=Yogacara Buddhism; 唯識=Mind-Only Buddism=Consciousness-Only Buddhism=Vijnaptimatrata=Vijnaptimatra; 阿賴耶識=阿拉耶識=阿梨耶識=阿摩羅識=Alayavijnana; 佛教; 佛陀=Gautama Buddha; 佛; 如來藏思想; 如來藏=Tathagata-garbha=Tathagatagarbha ; 大乘起信論=起信論=Mahayana-sraddhotpada Sutra; 大乘佛教思想; 大乘; 入楞伽經
抄録《楞伽經》,梵名Lankavatara sutra. 全稱《楞伽阿跋多羅寶經》. 楞伽,山名; 阿跋多羅,入之義. 意謂佛陀入此山所說之寶經,為法相宗所依六經之一. 本經宣說世界萬有皆由心所造,吾人認識作用之對象不在外界而在內心. 係結合如來藏思想與唯識阿賴耶識思想,為代表印度後期大乘佛教思想之經典,其成立年代約於西元四百年前後.
全經一再強調,迷的根源在無始以來之習氣,及未能了知諸法乃自心之顯,故若能徹悟意識之本性,捨離能取. 所取之對立,則可臻於無所分別之世界. 本經與佛教思想有關連且較重要者為:
1.結合如來藏與阿賴耶識思想,而為後世《大乘起信論》思想之先驅.
2.將禪分為愚夫所行禪. 觀察義禪. 攀緣如禪. 如來禪等四種. 此為禪宗史上頗值得注意之資料.
3.對後期之唯識學說,尤以護法之唯識,影響甚大.
ISBN957953456X
ヒット数336
作成日2004.01.16



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
299804

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ