サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
關於佛教起源的幾點思考=Some Thoughts About the Origin of Buddhism
著者 方廣錩
掲載誌 南亞研究=South Asian Studies
巻号n.2
出版年月日1990
ページ16 - 21
出版者中國社會科學出版社
出版サイト http://www.csspw.com.cn/
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート出自王雷泉編 《中國大陸宗教文章索引》.
キーワード佛教; 佛
抄録佛教產生于公元前6~5世紀的古代印度。它的產生,既有經濟與政治方面的背景,又有思想文化方面的原因。此外,歷史、地理環境及種族的影響,釋迦牟尼個人的創教努力等等,也都是不可忽視的因素。關于佛教的起源,前賢已多有論述。筆者在學習與研究的過程中,也有若干想法。在此不憚芹獻,以供諸先進及讀者們指謬。

The author believes that Buddhism as a religion owes its birth to the political,economic and cultural realities in the Buddha′s time, and, in particular, to the conflicting cultures and contending schools of thought in eastern India, where, the author argues, Brahmanism had a strong influence but had not yet establish edits firm hold.

ISSN10028404 (P)
ヒット数393
作成日1998.04.28
更新日期2019.11.05



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
303962

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ