サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
龍樹及其著作與思想
著者 方廣錩
掲載誌 南亞研究=South Asian Studies
巻号n.2
出版年月日1985
ページ7 - 14
出版者中國社會科學出版社
出版サイト http://www.csspw.com.cn/
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート出自王雷泉編 《中國大陸宗教文章索引》.
キーワード龍樹=龍猛=Nagarjuna=kLu-sgrub
抄録一龍樹是印度大乘佛教中觀理論的奠基人,約活動于公元二、三世紀。印度佛教產生于公元前六、五世紀。到公元前二、一世紀,大乘佛教開始萌芽。大乘佛教的產生與初期佛教的產生有一個顯著的不同,就是初期佛教是由釋迦牟尼創造的,理論比較體系化;而大乘的出現則是一種群眾運動,其理論雖說從總體來看有其統一的特征,但內部畢竟比較雜亂,甚而相互矛盾。從公元前二、一世紀到公元二、三世紀的幾百年間,大乘的學說不斷發展,新的典籍不斷出現,這時,內部的矛盾現象就更惹人注目,其典型代表就是宣揚“惡趣空”的方廣派的出現。這種情況不利于大乘與當時勢力依然雄厚的小乘各派的斗爭,不利于大乘自身的發展。形勢需要大乘對自己的學說進行全面的綜理,使之進一步理論化、體系化。

This article gives an account of Ngrjuna’s life and his writings and analyses his thought. It puts forth the view that the Indian philosopher’s thought is mainly reflected in his Mdhya- mikasastra which, according to the writer of this article, contains three major ideas, namely, pratitysasmutpda prakrti-snyat, madhyampratipad dve satye and tattvasya laksanam nir- vana. It also discusses these ideas one by one and expresses some viewpoints of its own.

ISSN10028404 (P)
ヒット数380
作成日1998.04.28
更新日期2019.11.04



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
304061

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ