サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
南朝晉宋間「般若」, 「涅槃」佛教學說發展和它的反動的政治作用
著者 湯用彤
掲載誌 哲學研究=Philosophical Researches
巻号n.3
出版年月日1955
出版者中國社會科學院哲學研究所
出版サイト http://philosophy.cass.cn/
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート出自王雷泉編 《中國大陸宗教文章索引》.
キーワード般若波羅密多=般若=Prajnaparamita=Prajna=Perfection of Wisdom; 涅槃=無為法=asamkrta-dharma; 涅槃=Parinibbana=Nibbana=Nirvana; 佛學研究=佛教學=Buddhist Studies=Buddhology; 佛教; 佛
抄録我們不是把世間問題變為神學問題,我們要把神學問題變為世間問題。歷史之被分解為迷信是夠久的了,我們要分解迷信為歷史。”任何宗教的滋長、蔓延都有它的社會基礎,誰也不能強把“神”的意志灌輸到人民羣眾的頭腦中去。十八世紀的法國啓蒙運動者,非常簡單地肯定說,“宗教是由於傻子和騙子相遇中產生的”。這只是看到了統治階級使用宗教以麻醉尚未覺醒的人民群眾這一方面,他們沒有指出宗教產生的社會根源。

目次一、佛教在南朝的滋畏和蔓延 94
二、寺院經濟的形成和南朝佛教的特點 96
三、在玄學思想支配下,"般若"學貌的建立和發展 99
四、門閥制度强化, 嚴重的階級壓迫制度下"涅槃"佛性學說的流行 102
ISSN10000216 (P); 10000216 (E)
ヒット数205
作成日1998.04.28
更新日期2019.09.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
304295

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ