サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
論印順學與佛教全球化
著者 游祥洲 (著)=Yo, Hsiang-chou (au.)
掲載誌 印順導師思想之理論與實踐(第4屆) -- 「人間佛教‧薪火相傳」學術研討會論文集
出版年月日2003.03.30
出版者財團法人弘誓文教基金會
出版サイト http://www.hongshi.org.tw
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
キーワード印順法師; 三乘共貫; 龍樹學=中觀學派=Madhyamaka=Madhyamika; 全球化=Globalization; 人間佛教=入世佛教=Humanistic Buddhism=Engaged Buddhism
抄録「全球化」(Globalization)是21世紀最明顯的趨勢,但這也出現了許多負面現象。面對此新趨勢的挑戰,「對話」(Dialogue)將是解決全球化問題的最主要途徑。無論哪個宗教或文化,唯有積極展開「對話」,才能展現實力與創造優勢。否則將來不是被邊緣化,就是被迫面臨「普世化」(Universalism)或「同質化」(Homogenization)的危機。印順導師將近一個世紀的研究成果,已為佛教詮釋學,提供了一個接古開新的基礎。樂觀而論,這基礎不但可成為佛教內部對話,一套有效的思想語言介面,且可為「佛教全球化」創造極大的優勢。從

這個角度來思考,印順學的內涵,至少有三點值得特別注意:
1.「三乘共貫」的詮釋學立場,與佛教南北傳內在思想語言的會通:
「三乘共貫」的主張,雖不是導師發明的,但是導師深入抉擇龍樹論典後,確立的佛教詮釋學。這個立場,在南北傳佛教長期以來,多元分歧的全球環境中,提供一個有效的思想語言介面,可化解彼此的對立與內在矛盾。這也將是「佛教全球化」必須跨出的第一步。
2.「人間佛教」與佛教的現代性:
印順學順著太虛大師的理路,標榜「人間佛教」,已使佛教更具現代性與人間性,這也將為「佛教全球化」提供了更大的優勢。
3.四眾平等與「全球倫理」的建構:
傳統佛教一直有著「僧尊俗卑」與「男尊女卑」的不平等情結。印順學強調「僧俗平等」與「男女平等」,不但切合現代社會「巨模倫理」與「全球倫理」的主流思維,且對出家教團與在家教團的運作規範,有著極清晰的主張,這將使佛教的未來發展,具更大的健全性與平衡性。
ヒット数464
作成日2004.02.27
更新日期2015.06.09



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
309304

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ