サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
有關敦博本禪籍的幾個問題
著者 榮新江 (著)=Rong, Xin-jiang (au.) ; 鄧文寬 (著)=Deng, Wenkuan (au.)
掲載誌 敦煌學輯刊=Journal of Dunhuang Studies
巻号v.1994 n.2
出版年月日1994
ページ5 - 16
出版者蘭州大學敦煌學研究所敦煌學輯刊編輯部
出版サイト http://dhxyjs.lzu.edu.cn/
出版地蘭州, 中國 [Lanzhou, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノートWP1256
キーワード本禪; 《壇經》; 頓教; 柳田圣山; 南宗; 五種禪; 達摩; 鄧文寬; 吐蕃時期; 榮新江
抄録敦博本禪籍是指敦煌市博物館藏07號禪籍(簡稱敦博本)。這部敦煌所出冊子本禪籍共包含五種文獻, 即:
(1)《菩提達摩南宗定是非論》;
(2)《南陽和上頓教解脫禪門直了性壇語》;
(3)《南宗定邪正五更轉》;
(4)《南宗頓教最上大乘壇經》一卷;
(5)《注般若波羅蜜多心經》。
近年來, 我們一直在做這部禪籍的校理工作, 現就有關的幾個問題談談我們的看法。雖然敦博本禪籍的全貌在很長一段時間內沒有刊布, 但禪學界早就知道這個本子的價值, 因為其所抄錄的五種禪宗文獻, 幾乎均較敦煌所出其他抄本要好, 被視為所謂“善本”。然而, 前人對這 五種禪籍的其他寫本已經有過詳盡的整理和研究, 這為我們今天校錄敦博本的工作提供了極大的方便。同時也應當指出, 由於前人主要是 從禪學的角度來整理這些敦煌文獻, 對於它們作為敦煌寫本的一些特性往往不太措意, 這反而成為我們今天校理這部禪籍的重要著眼點。
從“敦煌學” 的角度, 以“敦煌學”的方法來整理這部禪籍, 是我們的目的與手法。正如我們在這裡不去討論從曹溪到敦煌本《壇經》的傳承
, 而重點分析敦煌各本的關係, 就是在貫徹把這部禪籍作為敦煌文獻加以研究的主導思想。
ISSN10016252 (P); 10016252 (E)
ヒット数132
作成日1998.04.28
更新日期2018.01.15



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
321905

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ