サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
百丈懷海的禪法思想和實踐
著者 潘桂明 (著)
掲載誌 禪學研究
巻号n.2
出版年月日1994.11
ページ59 - 68
出版者江蘇古籍出版社/ 江蘇人民出版社
出版地南京, 中國 [Nanjing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード禪宗=Zen Buddhism=Zazen Buddhism; 百丈懷海
抄録百丈懷海對禪宗的繁榮發展作出過特殊的貢獻。在禪法思想上,他發揮馬祖道一「平常心是道」之說,極力破除各種「知見」,「知解」,提倡以「割斷兩頭句」來對治一切執著,教導禪僧「透過三句外」,直接「體會大道」。在禪法實踐中,他善於將禪的精神溶化於現實生活,視生活日用為禪的本質;他所製定的「禪門規式」適應世俗的生產方式和生活習慣,保証了禪宗穩定,獨立的發展。這兩方面的貢獻,與懷海接受老莊道家思想及傳統儒家思想的影響有關。懷海既是洪州禪的中堅,又是慧能禪向臨濟禪過渡的關鍵;他無疑是佛教中國化的核心人物。
ヒット数382
作成日1998.04.28
更新日期2024.04.02



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
322354

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ