サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
略論藏傳量論「攝類」的哲學意義
著者 姚南強
掲載誌 上海教育學院學報
巻号n.1
出版年月日1995.03
ページ1 - 8
出版者上海教育學院
出版地上海, 中國 [Shanghai, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノートWP2746
キーワード藏傳佛教=Tibetan Buddhism; 量論; 攝類
抄録藏傳量論(因明)的一大特點是用「攝類」范疇來表達整個因明學的體系。本文從創立「攝類」的恰巴曲森開始,綜合了薩班‧貢噶堅贊,宗喀巴等對「攝類」的發展和闡述,並認為近代由普覺。強巴所著的《因明學啟蒙》是其集大成者。以此為主體,分別分析了藏傳量論在哲學本體論和認識論上的貢獻。認為「攝類」范疇系列是藏族思想史和哲學史的一座寶庫,有待於進一步的深入挖掘和闡發.
ヒット数347
作成日1998.04.28
更新日期2014.06.04



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
322895

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ