サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
Emptiness as a Paradigm for Understanding World Religions
著者 Keenan, John P.
掲載誌 Buddhist-Christian Studies
巻号v.16
出版年月日1996
ページ57 - 64
出版者University of Hawai'i Press
出版サイト http://www.uhpress.hawaii.edu/t3-buddhist-christian-studies.aspx
出版地Honolulu, HI, US [檀香山, 夏威夷州, 美國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
ノート440
キーワード空性=Sunyata=Sunnata=Emptiness
抄録Frederick Streng's understanding of emptiness in the Mahayana tradition as a category that can be profitably used in the study of all world religions is one of his great accomplishments. Work is left to be done, however. A rationale for taking a central tenet of one religious tradition and using it to analyze others must be clearly articulated. Further, the articulation must be done in language that will make sense to Western (and other) thinkers not familiar with Mahayana argumentation.
目次STRENG'S ACCOMPLISHMENT 57
A RECOMMENDATION FOR APOLOGETICS 59
NOTES 63
ISSN08820945 (P); 15279472 (E)
DOI10.2307/1390154
研究年代三國-蜀
ヒット数157
作成日1998.04.28
更新日期2017.08.03



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
324640

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ