サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Meditation as Ethical Activity
著者 Dreyfus, Georges
掲載誌 Journal of Buddhist Ethics
巻号v.2
出版年月日1995
ページ28 - 54
出版者Department of History & Religious Studies Program , The Pennsylvania State University
出版サイト http://history.psu.edu
出版地University Park, PA, US
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
ノート;Article; Abstract and Full Text:http://jbe.la.psu.edu/2/dreyabs.html
キーワードBuddhist ethics; Good; Virtues; Virtue; Buddhist meditation
抄録Despite the fact that the various Tibetan Buddhist traditions developed substantive ethical systems on the personal, interpersonal and social levels, they did not develop systematic theoretical reflections on the nature and scope of ethics. Precisely because very little attention is devoted to the nature of ethical concepts, problems are created for modern scholars who are thus hindered in making comparisons between Buddhist and Western ethics. This paper thus examines the continuity between meditation and daily life in the context of understanding the ethical character of meditation as practiced by Tibetan Buddhists. The discussion is largely limited to the practice of meditation as taught in the lam rim (or Gradual Stages of the Path).
目次ABSTRACT 28
OBJECT OF THE STUDY 28
THREE OBSTACLES 31
THE DOUBLE MEANING OF //"SIILA// 39
MEDITATION AND VIRTUE 41
THE PLACE OF MEDITATION IN ETHICS 44
ATTENTION AND THE GOOD LIFE 47
A FEW MISUNDERSTANDINGS 48
NOTES 49
ISSN10769005 (E)
ヒット数1074
作成日2000.08.07
更新日期2017.07.06



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
328254

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ