サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
梁武帝注解《大品般若經》與「佛教國家」的建立=Emperor Liang Wu-ti's Commentary on the Larger Prajñāpāramitā Sutra and the Establishment of a 'Buddhist Nation'
著者 顏尚文 =Yan, Shang-wen
掲載誌 佛學研究中心學報=Journal of the Center for Buddhist Studies
巻号n.3
出版年月日1998.07
ページ99 - 127
出版者國立臺灣大學佛學研究中心=The Center for Buddhist Studies, National Taiwan University
出版サイト http://homepage.ntu.edu.tw/~ntucbs/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:國立中正大學歷史系所
キーワード梁武帝; 般若經; 菩薩行; 政教關係; 魏晉南北朝
抄録梁武帝根據鳩摩羅什譯《大品般若經》,進行一系列的注解,宣講,禮懺等學術性,宗教性活動,企圖建立以皇帝政治主導,以佛法治世為理想的「佛教國家」。本文以武帝著《注解大品經序》為文本,初步抉擇,探討上述主題。武帝注解《大品般若經》,強調該經在《般若經》群的重要地位,也彰顯龍樹,釋道安,鳩摩羅什,釋慧遠服膺「般若思想」實踐「菩薩行」,及其影響而形成南北朝特殊的「佛教國家」。武帝注解《大品般若經》,重建本經超越「五時」判教說法,而居於群經之首要地位。他認為《大品般若經》蘊含廣博精密的般若思想與菩薩行等義理,實踐法門,可以做為推行「佛教國家」政策的基礎。武帝在天監年間(502-519年)進行三十三種經論八百餘卷的佛典編篡,翻譯,注解,批判等學術工作,企圖以「般若思想 菩薩行」為主軸,掌握佛法的解釋權。其後,又進行「授菩薩戒」,「捨身同泰寺」與「般若思想 菩薩行」有關的政教政策推行工作,進一步建立他理想中的「佛教國家」。
目次一、前言 100
二、佛教經典中《大品般若經》的重要性 103
1.〈注解大品經序〉的著作年代 103
2.《大品般若經》在《般若經》群的殊勝地位 104
三.注解《大品般若經》與南北朝「佛教國家」政策之背景 107
1.龍樹菩薩與釋道安主張的「政教結合論」 108
2.鳩摩羅什教團與北朝「佛教國家」政策 109
3.釋慧遠〈沙門不敬王者論〉與南朝政教政策 111
四、注解《大品般若經》彰顯「般若」的「教判」地位 114
1.南朝初期《般若經》地位的衰微 114
2.《般若經》與《涅槃經》同為「究極」經典 115
3.《般若經》優於《法華經》 116
4.《般若經》貫通且超越「三乘通教」 117
5.《般若經》超越「漸教」的「五時」教判說法 117
五、般若菩薩行與「佛教國家」的建立 119
1.注解《大品般若經》的般若思想與菩薩行 119
2.般若思想,菩薩行與「佛教國家」的建立 121
六、結語 126
ISSN10271112 (P)
ヒット数1902
作成日1998.06.20; 2002.03.05
更新日期2017.06.28



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
334503

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ