サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
大乘止觀導論 -- 梵本《大乘莊嚴經論‧教授教誡品》初探
著者 關則富 ; 釋惠敏 (著)=Shih, Hui-min (au.)
出版年月日1997.09.15
ページ237
出版者法鼓文化出版社=Dharma Drum Culture
出版サイト http://www.ddc.com.tw
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
シリーズ中華佛學研究所論叢
シリーズナンバー14
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
ノート參考書目:面232-237。
キーワード科判=科文=Scriptural Synopses; 研究方法; 安慧=Sthiramati; 止觀=Shamatha and Vipashyana; 中文; 大乘莊嚴經論=Ornament of the Mahayana Sutras=Mahayanasutralankara; 大乘
抄録大乘莊嚴經論》是與《瑜伽師地論.菩薩地》相關的典籍。此論〈教授教誡品〉之要旨即安慧在釋論中言及的「深廣瑜伽—大乘止觀」。其內容涵蓋了六種心的安立所緣,十一作意與九種心住的止觀修習技巧及次第,止觀的五種功德,乃至煖位、頂位、忍位、世第一法位,見道、修道、得一切種智的修行歷程,以及唯識觀之「無二」思想的闡明。本書的主要部分是根據梵語原典所作的譯注,先依多種校訂本與寫本進行校勘,基於此校勘本並參考不同語文譯本而翻譯為中文;隨文的腳注整理相關文獻,以辨明原典字義,釐清義理脈絡,追溯思想根源。同時也將印度唯識學派安慧論師的釋論由藏譯本迻譯為中文,以供探索本品的甚深廣大義。

目次
通序 / 釋聖嚴
序 (一) / 釋惠敏
序 (二) / 關則富
略語等

第一章 緒論
 第一節 關於《大乘莊嚴經論》
 第二節 《大乘莊嚴經論》在古代之翻譯及其釋疏
 第三節 《大乘莊嚴經論》當代研究成果回顧
 第四節 《教授教誡品》簡介
 第五節 研究方法
 第六節 科判(與原典、譯注頁碼對照)
第二章 梵語原典
第三章 中文譯注
第四章 結論
附錄《大乘莊嚴經論》安慧釋藏譯(SAV)
參考文獻
ISBN9578473400 (平)
ヒット数1182
作成日1999.07.16
更新日期2013.08.26



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
335628

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ