サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
西方的印度佛教量論譯、研論著撮述=Western Studies in Indian Buddhist Logic-Epistemology
著者 劉宇光
掲載誌 哲學與文化=Monthly Review of Philosophy and Culture
巻号v.25 n.12 (總號=n.295)
出版年月日1998.12
ページ1160 - 1173,1181
出版者哲學與文化月刊雜誌社
出版サイト http://www.umrpc.fju.edu.tw
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード佛教量論; 陳那=Chen na; 法稱=Dharmakirti; Indian logic
抄録印度大乘佛教的論藏哲學中,除中觀及唯識外,其實還包括不可或缺的量論。漢語佛學界不論古今,皆對量論甚為陌生,但量論卻是現代西方的佛教哲學研究中的强項,成果最具規模及豐富。本文將以基本問題為架構,把約一百五○項最具代表性的當代西方量論項目介紹出來,特別方便研究生按圖索驥。

Within the philosophic traditions of Indian Mahayana Buddhism, other than Madhyamika and Yogacara-Vijnanavadin, Buddhist logic-epistemology (hetu-vidya and pramana) is also a tradition that should not be ignored. Unfortunately, neither ancient nor modern Chinese Buddhism pays sufficient attention to Indian Buddhist epistemology. The study of this field, however, is one of the most fruitful areas of western academic research in Buddhism. This short essay presents the basic issues of western studies of Buddhist epistemology and a bibliography, which covers more than 150 representative books and articles.
ISSN10158383 (P); 10158383 (E)
ヒット数233
作成日1999.07.13
更新日期2020.04.24



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
338977

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ