サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
李通玄的東方智慧論--《新華嚴經論》札記=Lee Tung-hsuan's Theory on Oriental Wisdom: Notes on New Commentary on Avatamsaka Sutra
著者 潘桂明 (著)=Pan, Kuei-ming (au.)
掲載誌 中華佛學學報=Chung-Hwa Buddhist Journal=Journal of Chinese Buddhist Studies
巻号n.12
出版年月日1999.07
ページ377 - 391
出版者中華佛學研究所=Chung-Hwa Institute of Buddhist Studies
出版サイト http://www.chibs.edu.tw/publication_tw.php?id=12
出版地新北市, 臺灣 [New Taipei City, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese; 英文=English
キーワード東方智慧=Eastern wisdom; 傳統文化=Traditional culture; 居士佛教=Lay Buddhism
抄録李通玄是初唐華嚴學者,著名佛教居士,所著《新華嚴經論》的核心思想,是東方智慧論. 他在對文殊菩薩全面評述過程中,強調東方 (中國) 的智慧,光明優於西方 (印度) 的悲苦,黑暗,宣傳中國佛教的智慧解脫精神,反對學佛者對西方淨土的無謂追求,具提倡民族自尊,個體自信的積極意義.
Lee Tung-hsuan is a famous Buddhist layman and scholar of Hua-yen Buddhism in early T'ang Dynasty. The core thought of his New Commentary on Avatajsaka Sutra is the eastern wisdom. In his evaluation of Mabjuwri Bodhisattra, he stressed that the eastern (Chinese) wisdom and brightness are superior to the western (Indian) sorrow and darkness. He advocated the Chinese Buddhist spirit of liberation through wisdom,and opposed the Buddhist's meaningless pursuit of
Western Pure Land. This has the positive significance of Expounding the Chinese people's dignity and individual's confidence.
ISSN10177132 (P)
ヒット数1194
作成日1999.08.25
更新日期2017.06.20



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
339717

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ